美味しいお米の炊き方とは?

美味しいお米の炊き方とは? お米は日本人にとって主食ですから、1日3回食べるときもありますね。いつでも美味しいお米を食べたいものですが、そのためにはお米の炊き方が重要になってきます。お米の炊き方の基本を確認してみましょう。美味しいお米を食べるためには米選びが大切ですが、せっかく高いお米を買っても炊き方次第で味が損なわれることもあります。まずは米を研いでいきます。しかし、なぜ米は研がなくてはならないのか疑問に思ったことはないでしょうか?スーパーなどで販売されている袋に貼ったお米は精米されていますが、ぬかがついたままになっています。このまま炊いたのでは美味しいご飯はでき上がらないのです。

お米の表面についたぬかをキレイに取り除く必要があるので、しっかりお米を研ぐことが大切なのです。お米をボールなどに入れたら、研ぐために水を入れていきますね。お米は初めに入れる水を吸収する性質があるので、汚れた水を吸収させるのは理想的ではありません。そのため、一回目の水はサッと流すようにしましょう。水を入れてからお米を研ぐ方もいらっしゃるでしょう。しかし、水が入っている状態ではキレイに研ぐことができないため、水を切ってから優しく研ぐことがポイントです。